鶴竜が休場、2場所連続 豪栄道も2日目から

2019/11/11付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

大相撲の東横綱鶴竜(34)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、陸奥部屋=が九州場所初日の10日、日本相撲協会に「腰椎すべり症再発で14日間程度の安静療養が必要」との診断書を提出して休場した。鶴竜の休場は2場所連続14度目。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]