SBI、福島銀に出資へ 筆頭株主に
「地銀連合構想」第2弾、ITや運用支援

2019/11/11付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

SBIホールディングスは11日、第二地銀の福島銀行(福島市)と資本・業務提携すると発表した。SBIは複数の地銀と連携してIT(情報技術)投資や市場運用を一括で支援する「地銀連合構想」を掲げており、今回の出資は9月の島根銀行に続く第2弾となる。少子高齢化やマイナス金利の長期化で地銀の経営環境は厳しさを増しており、SBIによる地銀への出資は今後も増えそうだ。

福島銀による第三者割当増資に応じ、約11…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]