玉ノ井親方の勝負勘 大関昇進めざす御嶽海 力は十分、横綱戦カギに

2019/11/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

10日に初日を迎える大相撲九州場所(福岡国際センター)では、先場所優勝の御嶽海が大関の地位へ踏み出せるかが焦点となる。2場所連続の2桁白星なら来年初場所が大関とりとなるし、今場所12勝を挙げれば直近3場所で計33勝という昇進の目安に数字上は届く計算になる。

本人としてはここで勝負を懸けたいという心境だろうが、先場所よりもハードルが高くなるのは間違いない。途中休場していた白鵬、鶴竜の両横綱が復帰し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]