安定の宮原2位 GP中国杯
磨いた表現力、持ち味存分に

2019/11/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【重慶=共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、中国杯最終日は9日、中国の重慶で行われ、女子は前日のショートプログラム(SP)2位の宮原知子(関大)がフリーでジャンプの回転不足を三つ取られたものの142.27点の3位となり、合計211.18点で2位に入った。

SP6位の本田真凜(JAL)はジャンプでミスが重なったフリーで7位にとどまり、合計168.09点で7位。

15歳のアン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]