レジ袋有料化「例外」に波紋 環境配慮なら無料 コンビニ歓迎、スーパー反発

2019/11/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2020年7月から有料化するプラスチック製レジ袋をめぐり、流通業界が揺れている。国の制度改正案で、環境負荷の小さいレジ袋は有料としないことになったためだ。おでんなど汁物を扱うコンビニエンスストアは歓迎しているが、スーパーや百貨店は「混乱を招く」と反発している。

1日に経済産業省と環境省の有識者検討会は(1)植物由来の原料が25%以上のバイオマスプラスチック(2)厚さ0.05ミリ以上(3)微生物に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]