春秋

2019/11/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

8歳から20歳までの総勢48人がオーケストラを組み、「YMCA」や映画「アラジン」のテーマ曲を体育館いっぱいに響かせた。フィリピン中部セブ市の貧困地域から先週来日した子供たちだ。5年前から交流のある茨城県立取手一高で、日ごろの練習成果を披露した。

▼日本から中古楽器の寄贈を受け、現地に演奏を習う場を設けているのはNPO法人のセブンスピリット(東京・豊島)。路上で過ごしていたスラムの子が、毎日、練習…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]