大機小機米国短期金利10%急騰の衝撃

2019/11/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米国の短期金融市場金利は9月後半に10%まで急騰し、各国の中央銀行や市場参加者に大きな衝撃を与えた。この急騰の原因は、市場運営に責任を持つニューヨーク連銀が資金需給の見通しを誤ってしまったことにありそうだ。

一般的に短期金融市場の需給は、(1)民間金融機関による準備預金の積み状況(2)決済資金の多寡(3)国債の発行・期限到来額(4)財政支出・税の収納額(5)ドル現金の発行・還収などで決まる。

中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]