スルガ銀除く3行の実質業務純益 清水・静岡中央が増益
4~9月 利ざや縮小、コスト削減

2019/11/9付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

静岡県内のスルガ銀行を除く地方銀行3行(静岡銀行、清水銀行、静岡中央銀行)が8日発表した2019年4~9月期連結決算は、3行とも純利益が前年同期を下回った。本業のもうけを示す実質業務純益(単体)は、清水銀、静岡中央銀が増益だった。利ざやの縮小を受け、各行はコストの削減を通じて利益の確保に取り組むが、事業環境は引き続き厳しい。

静岡銀は実質業務純益が前年同期比7%減の292億円、連結純利益が22%…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]