薄鋼板が軒並み安
流通価格 需要停滞不安、自動車にも 在庫過剰感なお強く

2019/11/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

自動車や家電、建築などに使う薄鋼板の流通価格が軒並み一段と下落した。投資意欲の減退で機械産業を中心に広がる需要の停滞不安が自動車など他の産業にも広がりつつあり、先安観が強まった。在庫の荷余り感も解消できていない。海外市況の悪化も国内相場の下押し材料になっている。米中貿易摩擦に端を発する製造業の停滞が国内の素材市況に落とす影が濃くなってきた。

薄鋼板は鋼材の代表的な製品。高温で板状に延ばした熱延鋼…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]