スズキ、インド新工場稼働を3カ月延期 市場低迷続き

2019/11/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

スズキはインドで建設中の新工場の稼働を2020年4月から7月に3カ月先送りする。インドの新車販売市場の低迷が続いているためだ。インドの新車販売台数は19年10月も前年同月実績を下回る見通しで、12カ月連続のマイナスとみられる。世界経済の不透明感が増すなか、新興国のなかでも成長が期待されていたインドの減速が鮮明になり、自動車各社に厳しい状況が続きそうだ。

(関連記事企業・アジア面に)

稼働を延期する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]