活字の海でパラスポーツ、マンガで親しむ 大物作者も新作で後押し

2019/11/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2020年の東京パラリンピック開幕まで10カ月を切った。スポーツと相性の良い漫画にも、パラスポーツがじわり浸透している。

17年に集英社が出したムック「パラリンピックジャンプ」は現在3号まで刊行。来年2月に4号、東京パラが開幕する8月には5号を予定する。「キャプテン翼」の作者高橋陽一によるブラインドサッカー漫画「ブラサカブラボー!!」や、車いすテニスの上地結衣選手をモデルにした「カミジ!」(作・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]