大和ハウス、海外対象の私募REIT 開発加速へ活用

2019/11/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大和ハウス工業は海外不動産に投資する非上場の不動産投資信託(私募リート)を立ち上げた。米国の賃貸住宅など約360億円の資産規模でスタートし、3年後に1千億円規模に増やす計画だ。日銀のマイナス金利政策が続くなか、安定した利回りを期待できる不動産は機関投資家の資金を集めやすい。米国やアジアで開発した物件をリートに売却して投資を早期に回収し、海外での事業拡大を目指す。

「大和ハウスグローバルリート投資…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]