/

この記事は会員限定です

大和ハウス、海外対象の私募REIT

開発加速へ活用

[有料会員限定]

大和ハウス工業は海外不動産に投資する非上場の不動産投資信託(私募リート)を立ち上げた。米国の賃貸住宅など約360億円の資産規模でスタートし、3年後に1千億円規模に増やす計画だ。日銀のマイナス金利政策が続くなか、安定した利回りを期待できる不動産は機関投資家の資金を集めやすい。米国やアジアで開発した物件をリートに売却して投資を早期に回収し、海外での事業拡大を目指す。

「大和ハウスグローバルリート投資法人」を組成した。海...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り255文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン