東レ、純利益下振れ
今期5%増どまり 中国向け繊維不振 B787向け来期減速も

2019/11/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東レは7日、2020年3月期の連結純利益が前期に比べて5%増の830億円にとどまる見通しだと発表した。中国景気の減速などで繊維や樹脂の事業が振るわず、17%増の930億円としていた従来予想から100億円引き下げた。堅調に推移する米航空機大手ボーイング向け炭素繊維複合材料も来期以降、出荷ペースが減速する可能性が出てきた。

同日記者会見した阿部晃一副社長は「中国の景気減速の影響が業績に如実に表れてお…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]