医薬品卸4社、最高益 4~9月、抗がん剤などけん引

2019/11/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

医薬品卸大手4社の2019年4~9月期の連結決算が7日出そろい、全社が純利益で最高を更新した。高単価の抗がん剤などの販売増がけん引し、各社とも期初の利益予想を上回った。病院などへの販売価格が改善し利益を押し上げた。

7日に決算発表した東邦ホールディングスは純利益が前年同期比44%増の71億円だった。消費増税前の駆け込みが追い風で、高単価な抗がん剤などの新薬が伸びた。10月に薬価引き下げを控えてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]