/

この記事は会員限定です

金融情報流出、日本で急増 被害1兆円の試算

カード番号は倍増、対策急務

[有料会員限定]

サイバー攻撃で金融に絡んだ個人情報の流出が日本でも急増している。民間調査によれば、2019年上半期(1~6月)でみるとクレジットカード番号の流出は約9万件となり、前年同期に比べて2倍近くに増えた。銀行のネットバンキングサイトを偽装し、口座番号や暗証番号を盗むフィッシング詐欺も増えている。被害額は1兆円とも試算され、巧妙な手口への対策が急務だ。

かっこ(東京・港)は通販サイトの不正対策を手がけている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り911文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン