/

この記事は会員限定です

スペイン風邪大流行(1918年)

症状のメカニズム解明

[有料会員限定]

1918年3月に発生したスペイン風邪は、人類史上まれにみるインフルエンザのパンデミック(大流行)となった。世界の患者数は約6億人、最大4000万人が死亡したとみられている。同時期に起きた第1次世界大戦の死者数を上回る数字だ。流行は1920年前半まで続き、日本国内でも全国民の約4割が感染した。

当時はまだインフルエンザウイルスを分離する技術がなく、大流行の理由がわからなかった。2005年、米国のチー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り231文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン