/

この記事は会員限定です

ガス、地方の独占続く

小売り自由化2年半、官主導に限界 北海道電は来年度参入へ

[有料会員限定]

2017年4月のガス小売り全面自由化から2年半がたち、新規参入者との競争が激しくなる都市圏と、既存企業の独占が続く地方との差が出ている。政府は競争促進に向け、大手ガスが安い価格で新規参入者にガスを卸すよう義務付ける新制度「スタートアップ卸」を新設。北海道電力が活用して参入する方針だが、動きは広がらない。官主導の自由化の限界が見え始めている。

「半分弱の地域で競争が起きていない」。国内を7つの地域に分けてガス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1001文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン