JR、浸水の北陸新幹線廃棄 全10編成、台風19号で被害

2019/11/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

JR東日本は6日、台風19号による河川の氾濫で浸水した北陸新幹線10編成をすべて廃車にすると発表した。車両の帳簿上の価値はJR東の持つ8編成が118億円で、JR西日本の2編成が30億円。部品は一部転用するが、残りは2020年3月期に特別損失を計上する方針だ。北陸新幹線は現在、通常時の8割のダイヤで運行しているが、20年3月末までに台風前の本数に戻すことを目指す。

JR東の深沢祐二社長は6日の定例…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]