ソフトバンクG、7000億円最終赤字 7~9月
ファンドで損失、孫氏「判断まずかった」

2019/11/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ソフトバンクグループが6日発表した2019年7~9月期の連結決算(国際会計基準)は最終損益が7001億円の赤字(前年同期は5264億円の黒字)と同社の四半期では過去最大となった。10兆円を運用する「ビジョン・ファンド」などファンド事業で1兆円弱の損失が発生した。多額の資金を投じて投資先に規模を追求させる戦略を修正し、企業統治(ガバナンス)など規律や収益も重視する。(関連記事総合2、企業1面に

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]