厚生年金のパート適用、対象範囲巡り中小と攻防 厚労省、月内に案 企業負担増、与党も慎重

2019/11/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厚生労働省がめざす厚生年金に入るパートなど短時間労働者の対象拡大を巡り、負担増となる企業側との攻防が激しくなりそうだ。現状は企業規模の基準を「従業員501人以上」として大企業の一部に絞っており、対象が今の40万人から倍以上に増える「51人以上」など複数案から絞り込む構えだ。だが保険料の半分を負担する中小企業は慎重で、与党もまじえた調整は難航しそうだ。

厚労省は11月中旬までに複数案をまとめる。与…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]