メッセナゴヤ開幕 1442社・団体出展 名商、農業技術を初披露

2019/11/7付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

名古屋商工会議所などが主催する異業種交流展示会「メッセナゴヤ2019」が6日、ポートメッセなごや(名古屋市)で開幕した。トヨタ自動車や中部電力など過去最高の1442社・団体が出展。農業をテーマとした技術展「アグリクロス」を初めて開催し、農業分野で活躍するロボットが注目を集めた。

ソフトウエア開発のドラゴンエージェンシー(名古屋市)と宇都宮大学などが共同開発した自動走行ロボットは、人の後ろを追従し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]