地方創生と働き方改革

2019/11/6付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

地方の活性化を進めるなかで、人口減少とその一因である若年層の流出が問題になっている。これまで若者の地域への呼び込みや大都市圏からの移住が進められてきたが、部分的な成果をあげるにとどまっている。原因の一つが仕事に関わる条件だ。「雇用量の不足」「都市圏との賃金格差」「休日・夜間勤務といった負担を伴う職種の多さ」などが、若者に地方での生活設計をあきらめさせている。

打開策として注目したいのが、政府が2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]