こころの玉手箱学習院大学長 井上寿一(2) ロンドン滞在中のアパート

2019/11/6付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

第1志望の一橋大学社会学部に入学したのだから、不満はないはずだった。ところが大学生活に馴染(なじ)めなかった。楽しかった高校生活の反動だったのかもしれない。曲折を経て、4年次から法学部の細谷千博先生のゼミナール(外交史・国際関係論)にも参加させてもらうことになった。人並みに就職活動もした。社会に出ることの実感が湧かず、卒業要件は満たしていたけれど、5年生になった。

新年度の1回目のゼミに出席する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]