富士フイルム、「稼ぎ頭」富士ゼロ取り込む
米ゼロックスと合弁解消 米側との契約、21年に期限

2019/11/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

富士フイルムホールディングスが米ゼロックスとの合弁を解消するのは、稼ぎ頭の事務機器の膠着状態を放置できないためだ。営業利益の5割近くを稼ぐ同事業は富士フイルムによる多角化の成長を支える要。ゼロックスの物言う株主の圧力で二転三転する状況が続けば全体に影響を与えかねない。ゼロックスと新たな関係に移るが、2021年以降の契約の行方など不確定要素も残る。(1面参照

「(ゼロックスが買収契約を破棄したの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]