/

この記事は会員限定です

中国輸入制限で古紙だぶつき

輸出価格、昨秋の6分の1

[有料会員限定]

中国の環境規制が日本の古紙のリサイクルシステムを揺さぶっている。日本の古紙を大量に受け入れてきた中国が廃棄物輸入ゼロを掲げて輸入を制限。行き場を失った古紙が国内にあふれている。模索する東南アジアへの販路開拓も容易ではない。世界的に景気が減速し始めるなか、輸出を前提とした資源リサイクルは岐路を迎えている。

「もう置く場所がない」。古紙卸、栗原紙材(東京・荒川)の新田事業所(群馬県太田市)には段ボール...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1144文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン