/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

「今昔物語集」などをネタにいくつもの傑作を書いた芥川龍之介が、こううそぶいている。「古典の作者の幸福なる所以(ゆえん)は、兎(と)に角彼等(かれら)の死んでゐることである」。翻案された作品を知らなくてよかったね……。皮肉屋の芥川らしいつぶやきだ。「侏儒の言葉」にある。

▼いにしえの人たちが残した、おびただしい数の書物はつまり解釈自在だ。それが原典の幅を広げるのである。今年は新元号「令和」の典拠が万葉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り380文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン