/

この記事は会員限定です

武田、製薬工程「ひと続き」に

パイプに原料投入→完成 各社、新薬発売まで短く

[有料会員限定]

武田薬品工業など製薬各社が薬の製造にかかる期間を大幅に短縮する生産革新に乗り出す。原料の投入から薬の完成までの工程を1つのパイプを使って一気通貫でできる技術を相次いで導入する。食品や石油化学製品では広く使われている手法だが、複雑な化学反応が必要な製薬ではこれまで難しかった。開発費や生産コストを抑えつつ、患者に早く薬を届けやすくなる。

薬の有効成分をつくるには原材料の化学反応が何度も必要になる。従来の一般的な手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1516文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン