/

この記事は会員限定です

海外資産の税逃れ防止 取引記録の保管要請へ

税制改正、利子・配当申告促す

[有料会員限定]

政府・与党は富裕層が海外に持つ資産について、税逃れ対策を強化する。国外にある銀行預金の入出金や不動産の賃貸借などの取引記録を保管するよう納税者に求める。現在は年に1度、不動産の保有残高などの情報の提出を義務付けているが、資金の流れを示す取引記録も保存を促す。記録があれば申告漏れ時に追加課税を軽減する仕組みを設ける方針だ。取引の透明性を高めて自主的な申告を迫る狙いだ。

12月にまとめる与党税制改正大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り508文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン