深刻な博士離れ 競争力低下懸念

2019/11/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

吉野彰氏の化学賞受賞で、日本人のノーベル賞受賞者は27人(米国籍取得者を含む)となったが、20年後、30年後も受賞者を輩出できるかというと、懐疑的な見方が少なくない。

根拠の1つが博士人材の層の薄さだ。近年の"博士課程離れ"は深刻で、優秀な人材が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]