/

この記事は会員限定です

深刻な博士離れ 競争力低下懸念

[有料会員限定]

吉野彰氏の化学賞受賞で、日本人のノーベル賞受賞者は27人(米国籍取得者を含む)となったが、20年後、30年後も受賞者を輩出できるかというと、懐疑的な見方が少なくない。

根拠の1つが博士人材の層の薄さだ。近年の"博士課程離れ"は深刻で、優秀な人材が研究...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り125文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン