改正民法 施行まで半年 契約ルール変更 対応急ピッチ
建設 業界慣行見直し/システム 修理期間巡り応酬

2019/11/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

売買やサービスなど契約に関するルールを定めた改正民法(債権法)の2020年4月施行まであと半年を切った。約120年ぶりの抜本的な見直しで、インターネット取引が浸透した社会の変化にあわせ、内容も分かりやすくなった。企業の幅広い取引に関わる法律だけに、新ルールへの対応を中心に、実務上の混乱を防ぐギリギリの対策が急ピッチで進められている。(渋谷江里子)

国土交通省の標準約款はまだか――。建設業界では、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]