介護向けアプリ、AIで会話充実
ロゴス、「ペッパー」用 内容を自動記憶・活用

2019/11/6付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

システム開発のロゴス(長野市)は、人工知能(AI)を初搭載した介護向けアプリケーションを開発した。ソフトバンクグループのロボット「ペッパー」向けで、会話機能を拡充。機械学習で会話内容を自動で記録し、知識を積み重ねることができる。企業向けには受付業務を代行するアプリも開発。両アプリは11月中にも発売し、収益の拡大につなげる。

介護向けアプリは、ペッパーが介護施設で高齢者の体操や歌といったレクリエー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]