英語民間試験見送り 文科相「24年度、新制度で」 格差懸念影響

2019/11/1付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

2020年度から始まる大学入学共通テストで導入される英語民間試験について、萩生田光一文部科学相は1日の閣議後の記者会見で、20年度の導入を見送ると表明した。居住地や家庭の経済状況による受験機会の格差や公平性への懸念が消えず、受験生らの理解を得るのは難しいと判断した。制度を抜本的に見直し、24年度に実施する入試で「新たな英語試験を導入する」とした。(関連記事を社会2面に

萩生田氏は文科省と民間試…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]