信州大とイナリサーチ がん免疫療法で連携
研究開発施設を開設

2019/11/1付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

信州大学と非臨床試験のイナリサーチは31日、包括連携協定を結んだ。新たながん免疫療法とされる「CAR-T」などの研究施設を同社内に開設。実用化に向けて動物による効果や安全性に関する試験を始める。同大の中沢洋三教授らが開発したCAR-T療法は低コストで安全性が高いとして注目されており、両者で連携して研究開発を加速する。

長野県伊那市にあるイナリサーチの本社内に「信州大学遺伝子・細胞治療研究開発セン…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]