電力 8社が最終増益 大手10社4~9月、燃料価格の下落で

2019/11/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

電力大手10社の2019年4~9月期連結決算が31日に出そろい、8社が最終増益となった。火力発電の燃料価格が下がった効果で前年同期に比べ採算が大幅に改善。電力小売りの競争激化による販売電力量の減少を補った。減価償却方法の変更も利益を押し上げた。

同日発表した中部電力の純利益は前年同期比2倍の1361億円だった。燃料価格の低下が利益を押し上げた。東京電力ホールディングス(HD)と折半出資するJER…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]