やさしい経済学トークンエコノミーと地域活性化(6)コストや流通 普及への課題 神戸大学准教授 保田隆明

2019/11/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

資金調達を目的としないトークンの発行は電子地域通貨に似ているでしょうが、導入と普及にはいくつかの課題があります。まずコストについて考えます。

導入にあたってのコストのうち、加盟店負担は毎月固定の利用料(加盟金)や、売り上げの一定割合支払いなどです。加盟店側はコストに見合う収益アップを求めるでしょうが、店側は現金の管理コストがなくなるので、それだけで元が取れる場合があります。

運営者(トークン発行…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]