AI企業の価値 7割増 ユニコーン1社分増加
1位 プリファード・ネットワークス

2019/11/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本経済新聞社がまとめた2019年の「NEXTユニコーン調査」で企業価値が最も高かったのは人工知能(AI)の分野だった。18年比68%増の5396億円で、全体の2割強を占めた。幅広い産業でイノベーションの中心的役割を果たし始めており、首位のプリファード・ネットワークス(東京・千代田)は企業価値がユニコーン1社分増えた。

(1面参照)

企業価値の算出対象は181社(前回は128社)で、うち「AI」分…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]