働き方進化論 第4部やる気の未来(2) 社会人半ば、舞台新たに

2019/10/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

神奈川県鎌倉市の住宅街にたたずむ古民家。庭先で農業分野のスタートアップ企業、inahoのロボットが前後に行き来しながらアスパラガスの収穫実験に挑んでいた。設計した山田幸一(39)は「ここでは世にない製品を作ることに挑戦できる」と語り、日焼けした顔をほころばせた。

電機大手のキヤノンを辞め、4月に入社した。「人手不足の日本農業をロボットで立て直す」という企業理念と市場の可能性にひかれた。キヤノンで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]