/

この記事は会員限定です

創薬候補を「疾患名」から数分で探索

ワールドフュージョン、海外の販売拡充へ

[有料会員限定]

システム開発のワールドフュージョン(東京・中央)は、創薬候補となる化合物を効率よく探すソフトを開発した。「疾患名」をデータベースに入力すると、関与する遺伝子が表示され、創薬候補となる化合物を数分で探し出せる。米国など海外の製薬企業10社への販売拡充を目標に掲げ、1年で2億5千万円以上の売り上げ増を目指す。

開発したソフトは「GO-MoA」と呼ばれるアルゴリズムを搭載。既存の化合物や、化合物とたんぱ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り454文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン