/

この記事は会員限定です

トークンエコノミーと地域活性化(5)人のつながり強くする道具

神戸大学准教授 保田隆明

[有料会員限定]

プレミアム付き商品券もクラウドファンディングも地域活性化に資するお金ですが、トークンがより効果的なのは、人々を地域活動に巻き込む力を有することです。清掃活動への参加、子供たちを対象に何かの教室を開いた、防災訓練に参加したなど、何でも構いません。住民だけでなく地域外の関係人口に該当する人たちが、様々な活動に参加することでトークンを得る設計にすれば、地域でのつながりを強くできます。

人口6000人弱の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り655文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン