外為法改正、ベンチャー投資家が成立切望
資金集めの障害、解消訴え

2019/10/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

外資規制を強める外為法改正案が閣議決定された。安全保障上重要な日本企業への外国資本の出資に対し、政府が事前審査の網を広くかける規制強化策だ。市場では通常の投資まで日本を避けたり、企業統治改革の後退につながったりする点が懸念されている。一方で法改正を待ち望む声もある。ベンチャー企業への投資に関わる人たちだ。

「一日も早い改正法の成立と施行を」。日本ベンチャーキャピタル協会が、改正法案の閣議決定を受…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]