/

この記事は会員限定です

外為法改正、ベンチャー投資家が成立切望

資金集めの障害、解消訴え

[有料会員限定]

外資規制を強める外為法改正案が閣議決定された。安全保障上重要な日本企業への外国資本の出資に対し、政府が事前審査の網を広くかける規制強化策だ。市場では通常の投資まで日本を避けたり、企業統治改革の後退につながったりする点が懸念されている。一方で法改正を待ち望む声もある。ベンチャー企業への投資に関わる人たちだ。

「一日も早い改正法の成立と施行を」。日本ベンチャーキャピタル協会が、改正法案の閣議決定を受け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1360文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン