伊藤忠、ほけんの窓口を連結子会社化 計165億円出資 データ活用、ファミマと連携も

2019/10/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

伊藤忠商事は29日、来店型の保険代理店大手のほけんの窓口グループ(東京・千代田)の発行済み株式57.7%を取得し、同社を連結子会社化したと発表した。出資を始めた2014年3月からの累計出資額は165億円になる。伊藤忠は消費者の目線で需要をつかみ商品やサービスを創り出す「マーケットイン」型ビジネスを強化する。

ほけんの窓口は6月末時点で全国742店舗を展開する。契約者数は10…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]