/

この記事は会員限定です

FUTURENAUT、昆虫食普及へ学生らが商品開発

見た目・味・食感に工夫

[有料会員限定]

「昆虫食」と聞いて食をためらう人も少なくない。見た目や味が悪い「ゲテモノ」といったイメージを覆そうと商品開発に取り組む企業が高崎経済大学発のスタートアップ、FUTURENAUT(群馬県高崎市)だ。同社は食用コオロギのパウダーを生地に使った焼き菓子を開発。海外でも需要が高まる「おいしい昆虫食」としての普及を目指す。

同社は高崎経済大地域政策学部4年の桜井蓮さんと、同学部の飯島明宏教授が中心となり今年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン