教員ら、導入見送り求め署名提出 変形労働時間制巡り

2019/10/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

教員の働き方改革として勤務時間を年単位で管理する「変形労働時間制」の導入を文部科学省が目指していることを受け、高校教員らが28日、導入見送りを求めて約3万3千人分の署名を同省に提出した。

同制度は繁忙期の勤務時間の上限を引き上げる代わりに、夏休み中などに休日をまとめ取りできるようにする狙いがあるとされる。しかし、署名を集めた教員らは、かえって長時間労働の悪化を招くとした。

署名は岐…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]