特殊陶、中国向け低迷で一転減益  今期、純利益9%減

2019/10/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本特殊陶業は28日、2020年3月期の連結純利益が前期比9%減の390億円になりそうだと発表した。14%増の488億円だった従来予想から一転、2年連続の減益になる。新車市場が減速する中国を中心に自動車用エンジン点火プラグの販売が想定を下回る。対ユーロや対人民元での円高も響い…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]