/

(NIKKEI ASIAN REVIEW) 中銀人材の育成へ「大学院」

来年5月、マレーシアに世界初 変化への対応力磨く

[有料会員限定]

アジアと米国の経済学者や中央銀行経験者らが連携し、世界で初めて、中銀業務に関する包括的な大学院プログラムを立ち上げる。狙いは、急激に変革する国際金融システムに対応できる中銀人材の育成だ。

同プログラムは、マレーシア・クアラルンプールの新興国際経営大学院であるアジア・スクール・オブ・ビジネス(ASB)と、米マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院が共同で開発した。1年間の教育カリキュラ...

この記事はヴェリタスビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン