/

この記事は会員限定です

商業捕鯨再開 クジラ、こんな使い道も

[有料会員限定]

6月末に日本が国際捕鯨委員会(IWC)を脱退し、31年ぶりに商業捕鯨が始まった。ただ消費量は大きく減っている。日本人1人が年間で食べるクジラの量は全盛期の1962年には2.4キログラムだったが、近年は100グラムに届かない。現在クジラは食べる以外に、どのように加工、消費されているのか。それを探りに静岡や山口、佐賀を訪ねた。

#   #   #

JR東海道本線の焼津駅(静岡県焼津市)から車で約10分。サプリメントを受託...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1562文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン