CO2を生かす(8)濃度5倍 トマトぐんぐん

2019/10/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

トマトは日光を好む。二酸化炭素(CO2)がたくさんあれば、ぐんぐん成長する。カゴメとJパワーはそこに目をつけ、発電所で大量に発生するCO2の活用で協力している。

山梨県北杜市にある広大なハウスで、たくさんのトマトが実をつける。ハウス内は通常の空気の5倍のCO2濃度に設定している。見込んだ通り、すくすくと成長しているという。

カゴメは1999年から、CO2濃度を高めたハウスでトマトの栽培を続ける。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]