/

この記事は会員限定です

大手行、テレワーク拡大 東京五輪の交通混雑回避へ

りそな、1日2000人規模

[有料会員限定]

2020年夏の東京五輪・パラリンピックに向けて、大手行がテレワーク(遠隔勤務)を拡大している。りそなホールディングスは期間中に交通網の混雑を避けるため、1日2千人規模の実施を計画する。三菱UFJ銀行も期間中に本部などの通勤者を減らす。信用情報を扱う金融業でも遠隔勤務が広がりつつあり、五輪をきっかけに働き方改革を加速させる。

東京五輪・パラリンピックは20年7月24日~8月9日、同25日~9月6日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン