/

この記事は会員限定です

宮田洋輔さん 技術革新阻む制度に挑む

元官僚の「ロビイスト」

[有料会員限定]

自称、ロビイスト。新技術やサービスなどのイノベーション(技術革新)を世に出すため、既存ルールとの溝を埋める調整にあたる。日本の職業分類にロビイストはない。だから「自称」だ。知人から冗談めかして「何をやってるか分からない。怪しい」と言われることもある。

イベントなどで一時的に旅行者が増加した際に民泊を実施できるよう保健所と交渉したり、電動キックボードを公道で使用できるよう地方自治体にかけあったりと、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン