第一三共、新型抗がん剤米で発売 20年、乳がん治療向け

2019/10/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

第一三共は2020年初めに、がん事業の中核となる新型抗がん剤を米国で発売する。17日に米食品医薬品局(FDA)に承認申請したと発表していた。真鍋淳社長兼最高経営責任者(CEO)は「がん事業で5000億円の売上高目標を掲げており、この薬で6~7割を占める」と話す。英アストラゼネカと臨床試験や販売を共同で実施し、第一三共は最大7600億円を受け取る契約になっている。

抗がん剤は「トラスツズマブ・デル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]